日本の学校 > 高校のスポーツ関連ニュース一覧 > 聖ウルスラ英智が初優勝 バドミントン・総体 

高校のスポーツ関連ニュース

聖ウルスラ英智が初優勝 バドミントン・総体

2019.8.7
令和元年度全国高等学校総合体育大会・バドミントン競技(団体戦)の全日程が終了した。

男子・決勝戦では、初優勝を目指す聖ウルスラ学院英智(宮城)と、3月の全国選抜大会を制した浪岡(青森)が対戦。全国選抜大会の決勝と同カードとなった一戦は、聖ウルスラ学院英智が3-0で雪辱を果たし、インターハイ初優勝を飾った。一方の女子では、ふたば未来学園(福島)が3-1で埼玉栄(埼玉)を破り、4年連続6回目の優勝を果たした。

大会組合せ情報はコチラ【男子】

大会組合せ情報はコチラ【女子】

私立高校のパンフレット取り寄せ

有名人スポーツワンポイント講座