かながわこうか

神奈川工科大学

(私立大学/神奈川県厚木市)

資料請求

願書請求

健康医療科学部
※2020年度より、学部・学科改組再編

2020年4月、改組再編により新学部を設置。これからの医療を支える看護師、管理栄養士、臨床工学技士をめざします。

  • ※2020年4月入学者対象のものです。
健康医療科学部
この学部・学科の資料をもらう
 
健康医療科学部の学科・コース・専攻一覧
看護学科(看護師・保健師養成課程)
管理栄養学科(管理栄養士養成課程)
臨床工学科(臨床工学技士養成課程)
 
健康医療科学部の特長
卒業後、就職について

■就職率98.3%の実績(2019年3月卒業生)
就職実績と聞くと、就職率だけを思い浮かべる人も多いと思います。しかし、たとえ就職率が高くても、その企業に就職できて本当によかったと感じている学生が少なかったり、就職した会社を短期間で辞めてしまうOBが多かったりするようでは意味がありません。つまり、真の就職実績とは、就職率だけではなく、学生の就職に対する満足度、OBの離職率、企業からの期待度等を総合的に分析したものでなければなりません。
そして本学はこれらのすべての項目において、確かな実績を残しています。厳しい就職状況の中、2019年3月卒業生の就職率は98.3%でした。進学者を含めた進路決定率は、全国平均を大きく上回っています。不況下においても確たる就職実績を残すことができるのは、本学から巣立った学生たちが社会で通用する実力を備えているからです。

■万全の就職サポートシステム
神奈川工科大学では、就職スタッフや卒業研究指導教員、学科就職委員、キャリアアドバイザーが一丸となって学生の就職をサポートしています。就職情報の入手や就職指導、模擬面接、学生からの相談の対応など、それぞれの部署が連携を取りながらきめ細かいサポートを行っています。

●キャリア就職課スタッフのサポート
就職スタッフには、工科系の単科大学としてはかなり多い7名の就職担当の職員が配属されています。就職支援システムの構築、会社訪問、就職情報の入手、そして学生の面談など、学生一人ひとりの希望を満たす就職の実現に力を入れています。
就職試験時期や履歴書、エントリーシート、面接試験などのアドバイスを受けるため、キャリア就職課に何度も足を運ぶ学生も少なくありません。

●卒業研究指導教員のサポート
学生が自分で選んだ研究室の卒業研究指導教員は、研究指導のみならず、就職に関してのアドバイザーでもあります。卒業研究生(4年生)の就職指導をしてきた経験と個人で持つ会社の情報などが豊富であり、また、学生一人ひとりに接する時間が十分にあるので、学生の個性に合ったアドバイスをすることができます。中には、就職活動をしている学生から毎日活動状況の報告を受け、それに対するアドバイスを続ける教員もいます。

●学科就職委員のサポート
学科ごとに設置されている就職事務室は、教員の就職委員2名と就職関係の職員1名が担当しています。各企業の求人情報、キャリア就職課で入手した情報などは、タイムリーに各学科の就職事務室に提供され、学生の就職支援に活用されています。 事務室は各学科の研究室棟にあるので、卒業研究生(4年生)が気軽に立ち寄ることができます。

●キャリアアドバイザーのサポート
キャリアアドバイザー制度とは、本学の卒業生が多く就職する業界で活躍された方をアドバイザーに迎え、業界の理解、職種の理解を深め、自分の適性に合った就職を実現してもらおうと設置された制度です。現在5名のアドバイザーが、豊富な経験に今後の状況分析を加えたアドバイスを行っています。自己分析と業界、職種の理解があってこそ、自己実現を可能にする就職ができます。最近は1・2年次からキャリアアドバイザー室を訪ねる学生が増えています。

学部・学科・コースについて

●看護学科
看護学の基礎的な知識及び基本的な技術と実践能力を身につけ、看護師として生涯成長し続けるための資質と能力を持ち、他の医療関係者と連携・協働して、地域社会の医療体制の整備と充実に寄与することのできる人材を育成します。

●管理栄養学科
健康な社会をめざすとともに、環境を大切にし、人間としての優しさ、豊かさ、思いやりをもてる人材の育成をめざします。そして、「生命科学」「健康科学」および「栄養科学」を学習することにより、健康・保健教育・指導や栄養教育・指導の実践を担える科学的センスに富んだ管理栄養士を養成することを目的とします。

●臨床工学科
今日の高度な医療機器を適切に運用、操作するためには、医療に関する専門知識や技術のみならず、工学的専門知識や思考法をしっかりと身につけていることが強く求められています。臨床工学科では、確かな技術を医療で活用できる臨床工学技士の養成をめざします。

学べる内容

●看護学科
看護学科は看護師または保健師(選抜)を養成するための学科です。本学科で必要な単位を履修した学生は看護師国家試験・保健師国家試験の受験資格を獲得し、合格した場合は看護師・保健師の免許を取得できます。
看護は生涯学習が欠かせないものであり、大学4年間は基礎的資質や能力を身につけるための基礎教育が重視されています。そのため本学科でも、講義から演習、演習から実習へと発展させられるように授業科目を配置しています。

●管理栄養学科
管理栄養学科は、管理栄養士養成課程です。食のプロフェッショナルをめざす皆さんに適した学科です。現在、食の安全、メタボや生活習慣病への関心などから、より良い食生活へのニーズが一層高まっています。そしてその責務を担う者として、管理栄養士の存在がクローズアッブされています。しかし、それに見合う能力を備えた人材は不足しているのが現状です。また、東日本大震災の被災地に向けて、災害支援管理栄養士の協力要請派遣が行われるなど、管理栄養士への期待は高まっています。
本学科で健康な社会をめざすとともに、環境を大切にし、人間としての優しさ、豊かさ、思いやりをもてる人材の育成をめざします。そして工科系大学ならではの特色を活かしたカリキュラムのもと、科学的センスに富み、体はもちろん、健全な心、さらに食材の選定・提案などを通し、経済・社会の改善に貢献できる、高いスキルと広い視野を備えた管理栄養士を育んでいきます。

●臨床工学科
今日の高度な医療機器を適切に運用、操作するためには、医療に関する専門知識や技術のみならず、工学的専門知識や思考法をしっかりと身につけていることが強く求められています。
高度化、疾病の多様化・複雑化、医療技術の高度化などに伴い、さまざまな事例に適切に対応できる人材の育成は急務となっています。
臨床工学科では、社会の要請に基づき、確かな技術を医療で活用できる臨床工学技士の養成をめざします。

施設・設備

●看護医療棟
看護医療棟内に、看護学科関連施設として、4つの実習室およびこれをサポートする2つの準備室、個別演習室があります。

<基礎・精神看護学実習室>
ベッド21台、各種人体モデルや種類別の注射シミュレータ他、約1,500点の実習機器・器具を配置しています。

<成人・老年看護学実習室>
ベッド15台、入浴実習用人体モデル、心電計他、約200点の実習機器・器具を配置しています。

<母性・小児看護学実習室>
沐浴槽、新生児ベッド、小児モデル他、約250点の実習機器・器具を配置しています。

<在宅・公衆衛生看護学実習室>
車いす、歩行補助機器、在宅モデル室、入浴、介護用品、口腔ケアモデル他、約600点の実習機器・器具を配置しています。

独自の教育体制

●「管理栄養士」の国家資格取得支援
管理栄養士の資格を確実に取得することを前提として、資格取得の支援体制を整えています。豊富な資料と自習エリアを備えた「国家試験対策室」を設置。アドバイザーによるサポートと独自のeラーニングシステムを用いて万全の対策で国家試験に臨みます。

●基礎教育支援
高校までの勉強に不安がある、そんなあなたのために、神奈川工科大学では「基礎教育支援センター」を開設しています。センターでは、高校で習う「数学」「物理」「化学」「英語」「生物」の5教科をベテランチューターが個別指導しています。

●資格取得支援
ITエクステンションセンターにて、資格取得のための支援講座を開講しています。受講に際しては、大学が経済的アシストを行い、学部学科の勉強に加え、資格取得を含めたスキルアップをめざす学生をサポートします。

その他の特色

●特に神奈川県は看護師不足の県です
外国人看護師の採用などが話題になっているように、看護師不足は全国的な現象ですが、2010年12月現在において、人口10万人当たりの看護職員数が47都道府県において最も少ない県が、神奈川県でした。その後、県内に看護師養成施設等が設置されるなどして好転はしていますが、依然として看護職員が継続的に不足することが予測されています。県内の病院では、遠方の県に出向き、看護師の採用を行っているのが現状です。したがって、本学の看護学部看護学科設置は、地域の病院に大いに歓迎、期待されています。特に、本学の周辺の医療機関は本学学生の実習受け入れにおいて積極的な協力をいただいており、1年後の本学看護学科の卒業生に大きな期待を寄せられています。

 
インタビュー
柳澤 真緒さん

卒業生 柳澤 真緒さん(日穀製粉株式会社/2018年3月卒業)

食を通じ、健康寿命の延伸に貢献。 商品開発を希望し実現をめざす

食べることが好きだったので、「食関係の仕事に就きたい」と考えていました。高校では生物が好きで、バイオ系の勉強にも興味がありましたが、工科系の大学で食関連の勉強ができる事と、設備が充実している点に惹かれて神奈川工科大学の栄養生命科学科へ進学しました。
就職活動の軸は、食品メーカーであること、そして開発に携わりたいと考えていました。さらに、「長野に戻りたい」と思うようになり、地元の食品会社で開発の仕事ができる可能性のある企業を探しました。粘り強く取り組める点をアピールし、日穀製粉の総合職で内定をいただきました。食を通じ、健康寿命の延伸に貢献していきたいです。

石原 拓巳さん

卒業生 石原 拓巳さん(シダックス株式会社/2015年3月卒業)

管理栄養士が活躍できるステージはもっと広がる

ジョブローテーションがあり、研修期間が1年ある総合職で入社し、1年目は社員食堂の現場業務を経験しました。2年目に昼のみ2,700食を提供している都内の大手銀行の社員食堂に配属され、2年間の現場経験を経て、人事の採用担当となりました。約半年がたち、会社説明会など、採用選考に関わる準備から実施、内定者のフォローなどを任されています。大学在学中に病院や保健所、社員食堂での臨地実習で、管理栄養士として働いている方々の声を数多く聞けたことが現在につながっています。将来はスポーツ栄養にも挑戦してみたいです。

 
学べる学問
  • 栄養・食物学
  • 看護学

 

目指せる職業
  • 看護師
  • 保健師
  • 養護教諭
  • 管理栄養士
  • 臨床工学技士

資格

    ・看護師                 ・保健師                ・養護教諭
    ・管理栄養士              ・臨床工学技士

神奈川工科大学の所在地/問い合わせ先

所在地
〒243-0292 神奈川県厚木市下荻野1030

TEL.046-291-3002  (企画入学課)  FAX.046-291-3003 

ホームページ https://www.kait.jp/
E-mail kikaku@kait.jp
ページの先頭へ

神奈川工科大学の資料や願書をもらおう

  • 資料請求
  • 願書請求

※資料・送料とも無料

-

●入学案内・願書
※資料・送料とも無料

_

ピックアップ
オープンキャンパス

注目★学校情報

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで神奈川工科大学の情報をチェック!