スポーツ科学部(仮称)
*2020年4月開設予定・設置認可申請中/内容は予定のため変更になる場合があります

スポーツ教育を通じて、教養と社会人基礎力(人間力)備えたスポーツ人を養成する

  • ※2020年4月入学者対象のものです。
スポーツ科学部(仮称)
この学部・学科の資料をもらう
 
スポーツ科学部(仮称)の学科・コース・専攻一覧
スポーツ科学科(仮称)
  スポーツ健康モデル
  スポーツ教育モデル
  地域スポーツモデル
 
スポーツ科学部(仮称)の特長
カリキュラム

○スポーツ健康モデル
スポーツ健康モデルでは、スポーツの意義と健康に与える効果について理解し、幼児から高齢者に至る幅広い年齢層を対象として、正しい効果的実践方法を身につけ指導することができる人材を育成します。そのため、本コース履修者は健康運動実践指導者およびJAFAトレーニング指導者資格、JATIトレーニング指導者資格の取得を目指します。本コースでは卒業後、地域社会で人々の健康・体力づくりや選手の競技力向上に貢献し活躍できる人材を育成します。

○スポーツ教育モデル
スポーツ教育モデルでは、「文化」としてのスポーツの意義や役割を理解します。現代は年齢、性別、職業、社会的地位、収入の多寡、障がいの有無に関わらず誰もがスポーツを享受する時代です。スポーツ教育コースでは、今や日常生活に不可欠なものになったスポーツを多面的に捉え、競技スポーツはもちろん誰もが楽しめるニュースポーツや生涯スポーツについても学びます。そして地域のスポーツ指導者として活躍する人材、保健体育教員、社会体育指導者など、地域社会に貢献できる人材を育成します。

○地域スポーツモデル
地域スポーツモデルでは、スポーツを幅広い意味で捉え、人文科学・社会科学の広範な学問領域から学ぶことを通して幅広い教養を修得することを目指します。さらに、スポーツを用いた体験型、実践型の教育から、チームビルディングのノウハウやチームマネージメント能力を身につけます。また、スポーツの楽しさや有用性を伝え、スポーツを地域の資源として活用することによって、地域の活性化に貢献できる人材を育成します。

独自の学習システム

■現代における生きがい、スポーツの意義を考える
真に人間らしい暮らしとは、人にとっての生きがいとは何か。よりよく生きるには、どうすれば良いのか。そのためにスポ―ツ・運動がもつ意義を学際的な学びを通して考えます。

■多様性との共存
近代・現代の社会では、交通、通信、出版などの発展によって、他文化との交流が進み、他文化に容易に触れる事ができるようになりました。と同時に、逆にいかにして文化の多様性という豊かさを守っていくかという問題も生まれています。スポーツ科学部は、これらの課題をスポーツを通して探求する3コースから構成されています。

■明日の社会に向かって
学生一人ひとりが、広く国際社会や地域社会への貢献ができる人材に育つよう、さまざまな制度や資格取得を用意しています。具体的には、恵まれた長期・短期の海外留学制度、保健体育教員免許、健康運動実践指導者、第一種衛生管理者、トレーニング指導者、GFT(グループエクササイズフィットネスインストラクター)などです。

学べる内容

■学びの特色

1.チームビルディングを身につける
自分と違う意見や考え方、目標を持った仲間を認め合い、支え合いながら、集団で課題を克服するプログラムを必修化し、社会に出ても通用する人材を育てます。

2.中学校・高等学校の保健体育科教諭を養成
中学校・高等学校の保健体育科教諭を養成します。中学校または高等学校教諭養成に係る教科・教職科目を修得し、その他教育実習等の必要要件をを満たすことにより、教員免許が取得できます。※申請予定

3.スポーツや健康関連の資格・受験資格を取得
第一種衛生管理者、日本スポーツ協会認定・公認スポーツ指導者(スポーツリーダー、コーチ)、健康運動実践指導者、トレーニング指導者、GFI(グループ エクササイズ フィットネスインストラクター) など

目標資格

中学校・高等学校教諭(保健体育)、日本体育協会認定・公認スポーツ指導者(スポーツリーダー・コーチ)、健康運動実践指導者、トレーニング指導者、GFT(グループエクササイズフィットネスインストラクター)資格、第一種衛生管理者 など

留学制度

■海外スポーツ文化研修
海外スポーツ文化研修は、駿河台大学のスポーツに関心を持つすべての学生に人気の科目です。毎年2月中旬から約2週間にわたり南半球のニュージーランド(現地は夏)にて、語学学校、スポーツ専門学校、現地スポーツクラブにて研修し、その間ホームステイをするという内容豊かな集中科目です。

卒業後の進路

○中学校・高等学校の教諭(保健体育科)※申請予定
○競技スポーツの世界で自らの能力を高め活躍するアスリート
○地域におけるスポーツ活動を支援・指導するスポーツリーダー
○フィットネス、健康関連企業におけるトレーナー・インストラクター
○高齢者や障がい者のスポーツ活動を支援するトレーナー・インストラクター
○その他、スポーツ競技やスポーツ科学の修養で培われた幅広い知識・技能とコミュニケーション能力、思考力や判断力、さらには目標に向けた自己管理能力を生かし、一般企業や公務員など

施設・設備

■学びの環境

スポーツ科学部生にとって重要なスポーツ施設は、キャンパス内に集約されており、授業・クラブ活動に大変便利です。また、最近とトレンドである「低酸素・恒温恒湿環境トレーニングシステム」をはじめ、「スポーツ生理学」「バイオメカニクス」「スポーツ心理学」などについて、最新の測定機器を整備します。

 
インタビュー
吉田 佳純さん

在学生 吉田 佳純さん(現代文化学部(旧学部名)3年)

私は陸上競技部に所属しています。ここではスポーツ学だけではなくアスリートに必要な知識・思考力も身につけることができます。なかでも競技スポーツ実践演習は所属クラブの活動実績に基づいて学習するため、直接的に自身の競技力向上に繋がります。

夏目 沙佑美さん

在学生 夏目 沙佑美さん(現代文化学部(旧学部名)4年)

スポーツ科学部(仮称)では保健体育教師の免許が取得できます。授業では実際に指導案を作成し、模擬授業を実施するなど経験を重ねていくことができます。私は将来保健体育教師を目指し日々授業に励んでいます。

前田 奈緒さん

在学生 前田 奈緒さん(現代文化学部(旧学部名)3年)

私は大学卒業後、スポーツ関係の仕事に就きたいと考えています。トレーニング指導者や衛生管理者の資格を取得すべく、日々勉強に励んでいます。将来は地域社会に貢献できる人材になれるよう頑張りたいと思います。

 
学べる学問
  • 体育学
  • スポーツ学

 

駿河台大学の所在地/問い合わせ先

所在地
〒357-8555 埼玉県飯能市阿須698

TEL.042-972-1124  (入試広報部)  FAX.042-972-1160  (入試広報部) 

ホームページ https://www.surugadai.ac.jp/
E-mail nyushi@surugadai.ac.jp
ページの先頭へ

駿河台大学の資料や願書をもらおう

  • 資料請求
  • 願書請求

※資料・送料とも無料

-

●入学案内・願書
※資料・送料とも無料

_

ピックアップ
オープンキャンパス

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで駿河台大学の情報をチェック!