危機管理学部

リーガルマインドとリスクリテラシーを併せ持ち
危機管理学を統合的に理解する人材を養成する

  • ※2019年4月入学者対象のものです。
危機管理学部
この学部・学科の資料をもらう
 
危機管理学部の学科・コース・専攻一覧
危機管理学科
 
危機管理学部の特長
カリキュラム

■危機管理学を統合的に理解する人材を養成する
危機管理学とは、国内外の社会を取り巻くさまざまな「危機」から社会を守るための方法や制度を社会科学的視点で研究する新しい学問です。あらゆる危機に対応する「オールハザード・アプローチ」により、リーガルマインド(法的な問題解決能力)とリスクリテラシー(危機管理能力)を併せ持つ人材を養成します。1年次に危機管理の基礎的教養を学び、2年次から危機管理学を構成する4領域に基づく履修モデルを選択。多領域かつ複合的分野にわたる危機管理学の統合的な理解を深めていきます。

独自の学習システム

■充実した少人数教育で、早期から専門知識・実践力を養う
早期から専門研究に取り組む実践力を養うため、1年次から危機管理を専門的に学ぶ専門科目を配置し、少人数教育を充実させているのも特長です。また、理論と実践の両立に重点を置き、実務経験者の教員による充実した教育体制も整備しています。3年次から始まるゼミナールでは、危機管理に関する研究テーマを設定し、研究教育者の個別指導で専門性を深めます。

就職状況

■キャリア支援
危機管理学の知識とスキルは、日本国内はもちろん、世界中のあらゆる地域で必要とされています。そこで危機管理学部では、企業や団体にマーケティング調査を実施し、そのマーケティング戦略に基づいたキャリア教育を展開します。官庁や自治体の職員を目指す学生のための「行政キャリア」、危機管理の素養が求められる一般企業を目指す学生のための「企業キャリア」の2つのキャリアプランを用意し、危機管理学の専門知識を学びながら、それぞれの進路に応じたキャリア教育を受けることができる独自の就職支援体制を提供します。
■進路
国土やインフラの安全にかかわる国土交通省や気象庁、国民の生命や財産を守る警察庁や法務省などの国家公務員、警察官や消防吏員、地方自治体で防災や危機管理などにかかわる部署の担当者といった地方公務員、警備業、高い安全性が求められるライフライン関連企業のほか、安全管理、コンプライアンス(法令を守り企業としての信頼を失わないこと)、CSR(企業の社会貢献や社会的責任に関する活動)、情報セキュリティといったリスクリテラシー(危機管理能力)が求められる一般企業など、幅広い分野での活躍が期待されます。

 
学べる学問
  • 法学
  • 社会学
  • 情報学

 

日本大学の所在地/問い合わせ先

全ての所在地/問い合わせ先を見る

所在地

●危機管理学部

〒154-8513 東京都世田谷区下馬3-34-1

TEL.03-6453-1600  (三軒茶屋キャンパス) 

ホームページ http://www.nihon-u.ac.jp/admission_info/
ページの先頭へ

日本大学の資料や願書をもらおう

  • 資料請求

※学校案内「進学ガイド&入試インフォメーション」(送料200円)

-

●入学案内
※学校案内「進学ガイド&入試インフォメーション」(送料200円)

_

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで日本大学の情報をチェック!